名刺管理あるある

改正 個人情報保護法(施工は2017年5月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報保護法の改正について

「個人情報保護法は、気にしてはいるが、ウチの様な小さな会社には関係ない」と、思っている中小企業の社長の皆様。今回の改正で全ての事業者が対象になることをご存知ですか?

【改正法第2条5項】
現行法では、取り扱う個人情報が5000件以下となる事業者は規制の対象外でしたが、今回の改正では、個人情報の取り扱いする量による規制枠が撤廃され、全ての事業者が個人情報法保護法の対象となります。

簡単に申しますと、今までは、事業所に、名刺が5000枚以上所持しており、あいうえお順やインデックスで探し出せれる状況にある場合が個人情報保護法の対象事業所でしたが・・・

meishi23

名刺が1枚以上あるだけでも対象になる。5000件という規制枠がなくなってしまうのです。

つまり、

meishi24

上記のような状況でも、つまり、乱雑に名刺がアナログで管理している事業者でも、対象事業所になるということです。

鍵のかかるキャビネットや机に保管をする必要がありますのでご注意下さい。

「そもそも個人情報保護法を今更聞くこともできない」という声もありますので、別の記事をご参照下さい。「個人情報保護法を簡単に説明」をご参照下さい

名刺における個人情報保護法の対策として

個人情報保護法の簡単にポイントとしてわかりやすく説明は、コチラ

交換した名刺をすぐにデータ化し、クラウド上のセキュアな環境で保護する名刺管理クラウドサービス「ビズコンパス」は、法人向けの名刺管理サービスで、大事な名刺を写真に撮るだけで、高品質にデータ化しセキュアな環境で保護し、社内で戦略的に共有し効率的にデータ利用が出来る優れものです。名刺の管理は、bizcompassで対策をして、有効活用しましょう。

名刺クラウドサービスのビズコンパスとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加