名刺管理あるある

退職者の名刺は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【退職者が名刺を持っていってしまい、見込の引継ぎもできない。。。?!】

退職者が名刺を持っていってしまう。それを黙認していませんか?

名刺は誰のモノ?とのアンケート結果では、従業員の67%が自分のモノと回答がありました。また、経営者側にアンケートをとったところ、会社の財産と答えております。

dareno

これは、名刺管理を個人に任せにしている企業が多く、管理方法を個人任せで行う風習があるからのようです。そのために、個人個人の管理方法があるため、その人しかわからない独自の管理方法になっているようです。

名刺管理を個人任せにしていませんか

個人管理を会社が認めているので、そのように感じてしまう人たちが多いのではないでしょうか?または、名刺を個人情報として認識していないのも理由の一つでしょう。また、退職理由もその理由のひとつ(退職理由の裏表)かもしれません。

その問題を解決するためには、会社としての名刺管理方法を標準化し、引継ぎなどを容易にできるようにする必要があります。

名刺管理を会社主体にするためには

名刺の扱いにおいても会社でルールを決めることが大事です。

引継ぎ業務をカンタンにする方法として、解決策はコチラ!!

交換した名刺をすぐにデータ化し、クラウド上のセキュアな環境で保護する名刺管理クラウドサービス「ビズコンパス」は、法人向けの名刺管理サービスで、大事な名刺を写真を撮るだけで、高品質にデータ化しセキュアな環境で保護し、社内で戦略的に共有し効率的にデータ利用が出来る優れものです。名刺の管理は、bizcompassで対策をして、有効活用しましょう。

ビズコンパスのセキュリティに関しては、コチラです。

個人情報保護法の改正もあるので注意!

ちなみに、個人情報保護法も2017年春に改正します。主な改正として、全事業者が個人情報保護の対象法人になるので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常プラン(5IDプラン)お問い合わせ

導入時の保管している名刺の無料データ化が500枚/ユニットついたお得なプランになります。


月額利用料 ¥5,000 (5ID)


初期導入費用 ¥48,000 (初期読込500枚無料付※条件があります)


名刺データ化費用 ¥30/枚


お気軽にお問い合わせください。


 


お問い合わせ